home News


2010年10月2〜3日、新潟で「ネイチャーアクアリウムパーティー」が開催されました。
「世界水草レイアウトコンテスト2010」の上位作品等は他にゆずりまして、ここのページではその様子をギャラリー中心に絞りましてレポートいたします。
今回は4年ぶりとなりました新潟開催、コンテストも今年で記念すべき10周年を迎え、天野氏邸宅の4m水槽もパーティー参加者に公開いただきました。
ADAのレイアウト、最新のギャラリーでの水草レイアウト水槽の数々を、今後のご参考までにご覧ください。








2010年10月3日 於 新潟ADA本社ネイチャーアクアリウムギャラリー



【ギャラリー、エントランス水槽】


ホテルからADAで用意してくれたバスでの移動はいくつかのチームに分かれて出発しました。幸運なことに我らが「Eグループ」は、ネイチャーアクアリウムギャラリー着一番乗り。他のお客さま方がまだどなたもいない状況に遭遇しました。水槽の写真をおさめるのには、今回とても幸運。





【ギャラリーの扉を開けると】


ちょうど扉を開けたところからの風景です。中央に見えるのは「180×120×60」。個人的には今回で6回目か7回目のギャラリー訪問ですが、この水槽は開館よりベースの変更がなく、細かな手入れがされている感じ。ここ数年はレッドライントーピードがお出迎え。





【ギャラリー入り口、左側】


まだ誰もいない・・・。今回のパーティー参加者は200人超いらっしゃいますので、水槽のみの画像ですっきりご報告。このあとの画像では幾人か写りますが、そこはご愛敬ということで・・・。
こちら側面は「90×45×45」サイズの水槽が並んでおります。照明はご覧の通り「グランドソーラー1」ですね。蛍光管と150wメタハラを組み合わせた照明ですね。

では、ここを少し奥にすすんでみますね。





【オーストラリアンノチドメ・90】







【突き当たり奥の180】


モスで覆われた桂林石か。化粧砂レイアウト。背景ビピパラでさわやかなイメージ。グリーンネオンかカージナルが入っていたけど、魚の印象が薄かった。





【シリンダー侘び草】


最奥の1800の左に侘び草の展示。





【180つながり】


ブランチウッドがモスで覆われていて・・・。
ここは椅子とテーブルがあるお部屋で、ギャラリー開館日にはこの水槽の前で最後にアンケートを書いて帰ります。





【ウォーターフォール90】


かなりボリュームアップしておりました。一つ一つの侘び草の印象はなく、全体でひとつの雰囲気がありました。右手前にはメンテナンススタンド展示品。





【間仕切り180】


凸型180レイアウト。前景はリシアとグロッソスティグマ。ギャラリーのメイン部屋とテーブル部屋との間仕切になっている水槽。





【メンテナンススタンド】


アクリルのメンテナンススタンド。ADAの水槽台と同じ高さ70cm。































































































































2010年10月3日 於 新潟ADA本社ネイチャーアクアリウムギャラリー  

(C)2000-2010 An aquarium. All rights Reserved.